読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Londonartsのスタディオロジー

英語を中心に、勉強にまつわる「気づき」をまとめます。

study = 勉強 ?

仕事柄、「勉強」って何? って考えることが多いのですが、

 

生徒さんに聞いてみると、「将来いい仕事に就くためにやってます。」とか、「点数を取るために頑張っています。」など、目的であって、答えになっていない答えが返ってくることがあります。

 

 

そんな奴いるのか、と思われるかもしれませんが、私は中学ぐらいから、勉強が好きでした。勉強とは何かを認識せずに。

 

今思えば、

「勉強」が、勉強という名前でも名前じゃなくても、何でもよかったのだと思いますが、

 

ただ単に知識が頭に入っていくことが楽しかった、

他の事柄と繋がっていくことが楽しかった、

興味がさらに出てくることが楽しかった、

テストで点数化されることと、その点数が上がることが楽しかった、

 

こんな感じで、「勉強」を楽しんでいた。

 

さらに、

わかっていないということがわかると、ワクワクした。

 

私が社会人になり、予備校で英語を主に教えるようになり、studyという単語をやその語源を調べていくと、元々ラテン語からきており、

 

 

study = 情熱、熱狂

 

 

という意味だということがわかりました。

 

つまり、熱くなれるもの、ということなのでしょう。

student = 熱狂する人

studio = 熱狂する場所

となります。

 

私は昔、「勉強」に「熱狂」していたのだ、と腑に落ちました。